鏡の池の
恋占いが大人気
八重垣神社
image



素盞鳴尊と、国の乙女の花とうたわれた稲田姫がお祭している恋愛成就のパワースポットとだそうです。

今回、鏡の池に参りたいと思い、八重垣神社へやって参りました。

宇意六社の1つでもある出雲国造家と所縁の深い神社です。

八重垣神社

八岐大蛇を退治する際、稲田姫を安全な場所へ隠すために八重垣神社の奥の院(鏡の池がある場所)が安全だという事で、大杉を中心に八重垣を作って姫を隠されました。

そして、八岐大蛇を退治した素盞鳴尊は、妻の稲田姫とこの地で宮居され、縁結びの道を開かれたそうです。
image
拝殿へ向かうと、偶然、古希を祝う祈祷を執り行われていました。
image
神社からの歓迎の合図として、祈祷や神事が執り行われていたり、雨が降るなどするという現象が起こると聞いた事があるので、歓迎された合図としてありがたく御利益を頂戴したいと思います。

鏡の池

稲田姫が八岐大蛇のから非難している時、森の大杉を中心に八重垣を造た場所。
避難中、日々の飲料水や、鏡の代わりに使ったりされていたことから神秘的な池と崇められ、鏡の池(姿見の池)というそうです。
image

用紙が15分以内に沈むと良縁が早く、30分以上だと縁が遅いそうです。
また、近くで沈むと身近な人、遠くで沈むと遠方の人との御縁があるんだとか。

八重垣大神様の御加護により、良縁を得られ、二人の晴れ姿をこの神秘の森の鏡に写され、末永く御繁栄されますようにと記されておりました。
image

宇意六社のひとつ

出雲の国の起源とされている場所が、八重垣神社のある地域で、かつては「意宇(おう)群」と呼ばれていました。
この意宇)群とは、『国引きの神話』で八束水臣津野命(やつかみずつぬのみこと)が「出雲の国は小さすぎる」と、周辺から国を引っ張り大きくした後、「意恵(おうえ)」と喜びながら回った土地とされています。

意宇群には、6つの神社があり、八重垣神社はそのひとつで、他には、神魂神社、熊野大社、眞名井神社、揖夜神社、六所神社です。これを意宇六社と言います。そして、この六社を巡る事を「六社詣り」と言い、江戸時代以前から巡拝されていたそうで、「六社さん」とも呼ばれていています。

地図


Photo

1
7
8